業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2018年10月第3週号

  • 中札内農業協同組合、枝豆単収が過去最高に

    昨年新設された第2工場
    昨年新設された第2工場
    山本組合長
    山本組合長

     枝豆の国内最大産地の一つ北海道川西郡中札内町は今期も前年を上回る単収を達成、前年同様過去最高の収穫量となった。北海道胆振東部地震による停電や次々に襲った台風により、道内の農作物は大きな被害を受けた。そんな中、中札内町は、奇跡的に被害を免れ、一部農産品は減産したものの枝豆、インゲンなど冷凍野菜原料は無事収穫を終え前年以上の製品化が期待される。

     中札内農業協同組合内の枝豆は今年単収で過去最高となった。またインゲンも前年並みの収穫を得ている。山本勝博代表理事組合長は、先月収穫を終えた枝豆の状況に関して「昨年、過去最高の収穫量となり、作付け面積を減らしたが、結果として収穫量は昨年同様6000tとなり、単収で過去最高となった」と好調をPR。その要因に関しては、「6月~7月までは、日照不足だったものの、8月に入り、掌を反すように好天となり、これが大豆に最適の天候となった。さらに、収穫期間中の約25日間、通常なら台風に悩まされるが、今年はそれがなかったことも単収増につながっている」と説明した。さらに「地震による停電で第一工場は1日、第二工場は2日間停電したが、自家発電で対応しほとんど被害がなかった」とした。
     中札内農業協同組合は平成4年に建設され、同17年に増設された窒素凍結を使い冷凍野菜を生産する第一工場を所有、同28年には第二工場を新設、生産量は1.5倍の規模に拡大した。現在の製品ベースの生産量は枝豆3000t/年、インゲン800t/年、剥き枝豆900t/年。
     販売先は生協、ホクレン、商社等国内販売だけでなくカナダ、ハワイ、オーストラリア、ドバイなどに輸出している。海外に関しては、東日本大震災による福島原発事故により、一時大幅に減少したものの、徐々に回復、さらなる拡大を見込んでいる。(詳細を本紙に掲載)

2018年10月第3週号 その他の記事

2018年10月第2週号

  • 31年度は52品、新規品目は10品に ―― (公社)学校給食物資開発流通研究協会の推奨品

    選定委員会
    選定委員会

     (公社)学校給食物資開発流通研究協会(古川裕志会長)は3日、平成31年度に普及を図る『学流協の推奨品』52品を発表した。うち新規品目は10品となった。新たな提案では、素材の味そのままのポテトサラダベースや昆布、大豆などが学校関係者の評価が高かった。一方で、調理の人手不足が顕著になる中、調理方法自体は簡便であっても、何袋も開封しなくては使えない商品は敬遠するという声もあった。選定委員会では、これらニーズを汲み取り、環境の変化に合わせた開発方針の見直しについても言及があった。
     9月21日に開かれた選定委員会で挨拶した田島眞選定委員長は、「新規推奨品へのエントリーが10品ということで、何とか提案を増やしていってほしい」と述べた。(詳細を本紙に掲載)

2018年10月第2週号 その他の記事

2018年10月第1週号

  • 業務用レンジ対応カップ入り冷凍米飯を投入 ―― セブンイレブン・秋冬新商品

    石橋本部長
    石橋本部長
    食べやすいカップ入り
    食べやすいカップ入り

     セブン&アイ・ホールディングスは9月27日、東京・有明の東京ビッグサイトで下期商品展示会を開催し、冷凍食品新商品として、カップ入り冷凍米飯2品を発売すると発表した。両品は、家庭用電子レンジのほか、業務用レンジ調理(1500kW:1分10秒)にも対応。店頭のレンジで調理してすぐに食べられる冷凍米飯の投入で、オフィス、イートインなど、冷食が取りこぼしてきた新たな食シーンでの利用に繋げる。

     今回発売する冷凍米飯は、「セブンプレミアム炒め油香るチャーハン」(170g、税抜198円)、「同バター香るエビピラフ」(同)。11月に首都圏、北関東、東北で発売し、順次販売エリアを拡大する。製造メーカーがカップ包装のラインを新たに導入して開発し、容器内で蒸気を循環させることで、業務用レンジでの調理が可能になった。
     石橋誠一郎商品本部長は「これまでの冷凍食品は夕夜間の販売が中心で、オフィス立地では売上が落ちる傾向があった。カップ入り米飯の投入によって新たな食シーンでの利用を促し、昼食時にも売上の山場を作ることができる」とした。
     また、業務用レンジ調理品を今後拡大するかという質問には、「冷凍麺などでは可能性がある」と説明した。(詳細を本紙に掲載)

2018年10月第1週号 その他の記事

2018年9月第4週号

  • 時短メニューで冷食の新ブランド ―― イトーヨーカ堂

    上野マネージャー
    上野マネージャー
    SMとCVSの中間的な冷食を揃えた
    SMとCVSの中間的な冷食を揃えた

     イトーヨーカ堂は20日、東京・麹町のレンタルキッチンスペースPatia麹町で新商品発表会を開催し、24日より冷凍食品の新ブランド〈EASEUP(イーズアップ)〉シリーズを、全国のイトーヨーカドー166店舗で発売すると発表した。同ブランドは、8月より数店舗でテスト販売を行っていた冷凍米飯に、惣菜系などの新商品を追加して展開する。

     今回発売する商品は、助六寿司の「助六」(税抜398円)、米飯系の「チーズキーマカレー」(同324円)、魚惣菜の「あじフライ」(同358円)、畜肉系惣菜の「大きな肉団子」(同198円)等計14品。
     同社では、「単身世代」「高齢化による二世帯」「共働き」の増加によって、冷凍食品のニーズが高まっていると説明。同シリーズのテスト販売を行った店舗で冷凍米飯の売上が約1割伸長したことなどから、全国展開に踏み切った。
     同会で説明に当たった上野貴司営業企画部統括マネージャーは、「GMSでは、SMで購入される食材とCVSユーザーが求める即食系商品の中間に当たる、ひと手間かける冷凍食品に需要がある。調理が簡単な冷凍食品を購入することで買物に使える時間が増え、食材などGMSならではの商品の買い回りも向上すると考えている」とした。
     また、〈セブンプレミアム〉の冷凍食品との兼ね合いについては「これまでにない品目を展開しているため、カニバり(共食い現象)は発生しない」とした。(詳細を本紙に掲載)

2018年9月第4週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階