業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2018年12月第2週号

  • 安全面で連携強化 ―― 日台冷凍農産物生販懇談会

    凍菜協会員ら多数が出席
    凍菜協会員ら多数が出席
    川﨑会長
    川﨑会長
    蔡理事長
    蔡理事長

     台湾区冷凍蔬果工業同業公会は1日、台湾・高雄市の圓山大飯店で2018年日台冷凍農産物生産販売安全懇談会を開催した。日本側からは川﨑順司会長をはじめ輸入冷凍野菜品質安全協議会(凍菜協)会員等26人が、台湾側から72人が出席し、安全安心をはじめとする今後の協力関係を確認し合った。

     同会では、蔡敬虔理事長は、今秋の作付けについて「今秋の枝豆については、播種が10日程度遅れた影響で、収穫もやや遅れが出たが、今年暖冬となった影響で順調に生育している。秋の収穫は製品ベースで1万~1万2000t程度、圃場の総面積が2500haで、1ha当たりの単収が7.5t程度になると考えている」として、前年並みの収量を確保できるとの考えを示した。
     懇談会では、蔡理事長の挨拶に続いて川﨑凍菜協会長が挨拶し「輸入通関時の違反事例も、皆様のご理解とご協力により、農薬に関する違反はここ数年良い傾向にある。凍菜協では現在、無加熱摂取製品の品質管理について、今までの違反事例を取り纏め、生産工場の役に立つような資料の作成に取り組み始めた。前述のように、輸入冷凍野菜の販売は概ね順調に推移しており、その品質、使いやすさなどが改めて評価されつつある。このような時だからこそ基本に立ち返り、安全・安心を確保して更なる信頼を築いていきたい」として、安全・安心な製品の製造に日台が連携して取り組みたいと呼びかけた。
     また、同会では台湾産冷凍枝豆の販売に功績のあったマルハニチロ、日本水産、ニチレイフーズ、東洋水産、イオンリテールの5社に記念品が送られた。
     受賞社を代表して挨拶した大西宏昭マルハニチロ執行役員は、「このような賞を頂いたのも、台湾の生産者の皆様に安定的かつクオリティの高い商品を供給して頂いた結果だ。台湾の皆様に、品質管理の強化について対応していただいていることに感謝申し上げる」とした。
     続いて伊規須道太東洋水産低温食品部冷食企画課課長は、「弊社では、40年以上の取り組みを行ってきた。これまで続けてこられたのも、台湾の皆様のすばらしい生産技術と品質監理の賜物と感じている。今後もベストパートナーとして台湾の冷凍野菜業界が発展していけるように誠心誠意努力していく」として、日台の連携による輸入冷凍枝豆の更なる発展を誓った。(詳細を本紙に掲載)

2018年12月第2週号 その他の記事

2018年12月第1週号

  • 香川専務が社長に昇格 ―― テーブルマーク

    香川新社長
    香川新社長

     テーブルマークは11月26日、代表取締役社長に香川雅司専務執行役員マーケティング&セールス本部長の昇格を決定した。
     川股篤博社長は退任、日本たばこ産業執行役員食品担当に就任する。19年1月1日付。
     香川雅司(かがわ・まさし)氏は昭和39年6月25日生まれの54歳。香川県出身。同62年3月大阪大学工学部卒、同年4月旭化成工業(現旭化成)入社、平成12年10月日本たばこ産業入社、同14年7月威海佳康食品有限公司総経理、同20年4月テーブルマーク中国統括部長、同24年4月事業推進部長、同25年執行役員商品本部長兼研究開発担当、同26年4月常務執行役員商品本部長兼研究開発担当、同27年1月より専務執行役員マーケティング&セールス本部長。

2018年12月第1週号 その他の記事

2018年11月第4週号

  • 適量、おいしさ、健康、価値をテーマに品揃え強化 ―― イオン・冷凍食品販売戦略

    宇治商品部長
    宇治商品部長

     イオンリテールの宇治知英デイリーフーズ商品部長はこのほど本紙インタビューに応じ、冷凍食品カテゴリーの販売方針について説明した。商品戦略では、「適量」「おいしさ」「健康」「価値」の4点をテーマに、消費者のニーズに寄り添った商品群の強化に努めていく。価格戦略については、店舗・エリアの商圏特徴に合わせて商品の価格を変動させる施策を投入した。近隣の競合状況も勘案しながら、個店ごとに細やかな値付けを行うことで、消費者がより値ごろ感を感じられる売場の構築に努めていく。

     同社が商品戦略で取り組む4つのテーマのうち、「適量」については、消費環境の変化で需要が高まっている個食商品の開発を加速すると共に、大袋商品なども定期的に投入して、消費者のニーズに寄り添った量目の商品展開を図る。(詳細を本紙に掲載)

2018年11月第4週号 その他の記事

2018年11月第3週号

  • 冷食〈お米のかわりに食べる〉シリーズを発売 ―― イオン

    食物繊維も豊富
    食物繊維も豊富

     イオンは21日より、“ごはんを野菜に置きかえる”新しい食のスタイルを提案する冷凍食品シリーズ「トップバリュお米のかわりに食べるカリフラワー」(300g)、「同ブロッコリー」(同)の2品を、全国のグループ最大2700店舗で発売する。
     近年、健康志向の高まりから、ゆるやかな糖質制限を行う食事法が注目を集める中、同社がこのほど発売するのは、カリフラワーとブロッコリーをお米サイズに細かく刻み、冷凍した商品。電子レンジで解凍し、そのままごはんのかわりに主食としたり、炒飯やリゾットのごはんの一部を置き換えたりして、手軽に食べられる野菜だ。(詳細を本紙に掲載)

2018年11月第3週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階