業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2021年9月第3週号

  • 冷食月間で多彩な広報活動 ―― (一社)日本冷凍食品協会

    山口さん
    山口さん

     (一社)日本冷凍食品協会は14日、10月の冷凍食品月間、10月18日の『冷凍食品の日』に合わせた現時点での各種広報イベントを発表した。リアル開催では2年ぶりに『冷凍食品の日』PRイベントを開催するほか、農水省「消費者の部屋」展示、2回目となる専門展「冷食JAPAN2021」などを核に、新聞、テレビ、ラジオ、WEBなどを活用していく。コロナ感染拡大の中で各イベントの変更等の可能性もあるが、コロナ禍の中でもしっかり冷凍食品をPRしていく。

     冷食月間に行われる協会のイベントは、10月18日『冷凍食品の日』PRイベント、農林水産省「消費者の部屋」展示、「冷食JAPAN2021」と、その他、新聞広告、ラジオ冠番組に加え、新聞、テレビ、ラジオで冷凍食品の日、冷凍食品月間をPRする。
     2年ぶりの開催となる10月18日『冷凍食品の日』PRイベントは10月18日、東京中央区のロイヤルパークホテルで一般消費者40組80名を招待し開催する。テーマを「10月18日は『冷凍食品の日』~べんりとおいしいのその先へ~」とし、ゲストにタレントの山口もえさんを招いて冷凍食品アンバサダーの三國清三シェフ、日本冷凍食品協会の大櫛顕也会長とのトークセッションを行う。2部の試食会では、冷凍食品を使ったレシピの試食を行う。
     今回は招待客の人数を絞り、試食も着席式、コースで提供する。
     なおPRイベントの開催可否の最終判断は10月頭に決定する。場合によってはトークセッションのみ等検討しているとしている。
     農林水産省「消費者の部屋」展示は、10月4日~8日、農林水産省北別館1階「消費者の部屋」で実施する。「べんりとおいしいのその先へ冷凍食品」をテーマに、パネル、ダミーパッケージ等を展示する。昨年に続き試食は行わない。
     専門展「冷食JAPAN2021」は10月27日~29日に東京ビックサイト青海展示棟で開催する。冷凍食品と冷凍食品製造機器等の展示、冷凍食品に関するセミナー10講座を開催する。
     新聞広告では、10月18日の『冷凍食品の日』に「読売新聞」朝刊(全国版)、カラー1ページでタレントの山口もえさんへのインタビューを掲載して、冷凍食品の特性を解説、冷凍食品を使用したアレンジレシピを紹介する。「読売KODOMO新聞」(10月21日付)では、1ページカラーで読売新聞と連動して子どもでもできるアレンジレシピなどを紹介する。「教育家庭新聞」(10月18日付)の学校給食特集号に、冷凍食品で非常時にも栄養バランスのとれた学校給食を」のテーマで、献立立案やインタビュー記事を記事広告で紹介する。

    ラジオの冠番組 今年は文化放送

     ラジオでは、協会協賛の冠番組を今年も実施。10月16日、「文化放送 日本冷凍食品協会プレゼンツ林家たい平 笑う門には冷凍食品」(18時~18時57分)の1時間番組を行う。落語家の林家たい平氏と冷食協の三浦佳子広報部長が出演し、冷凍食品の試食、冷凍食品に関する様々な情報提供、たい平アレンジレシピの紹介などを行う。その他ラジオでは、「くにまるジャパン極」(10月15日9時~12時59分)の放送内10分で、三浦広報部長が冷凍食品の試食を通して、冷凍食品の魅力を語る。
     WEB広告では「YOMIURI ONLINE」で10月18日に「10月18日は冷凍食品の日」のバナーを掲載。「情報ステーション欄」で冷凍食品を紹介する。同サイト内の女性向けページ「発言小町」の小町おすすめ情報では10月18日~10月31日の間、「冷食ONLINE」への誘導を図る。
     また、東京都消費者月間「くらしフェスタ東京2021」(10月22日~22年1月31日)に参加。交流サイトで協会制作の「手間抜きで子供はすくすく育つ」編等の動画配信を行う。
     その他、北海道、東北地区でのメディアミックスでのPRも行う。

2021年9月第3週号 その他の記事

2021年9月第2週号

  • 新時代見据えた提案も加速 ―― 2021年秋冬業務用・新商品

     2021年秋冬の業務用新商品・リニューアル品は、各社、コロナ禍による変化への対応を進めるとともに、行動制限の解除後、その先の世界を見据えた商品投入が進んだ。また、人口減少や高齢化を見据えた人手不足対応、簡便調理品の開発も継続された半面、アイテム数は前年に引き続き絞り込みが進んだ。注力カテゴリーを明確にし、得意分野に磨きをかけて、厳しい市場環境に立ち向かう。

     ニチレイフーズは、新型コロナ禍で苦戦を強いられる業態に向け〈チキン加工品の強化〉〈店舗オペレーション負荷の軽減と生活者の健康志向への対応〉〈包装販売に変わる売場への対応〉〈外食代替・プチハレ需要〉への対応をテーマに「未加熱IQF」の新商品、包装販売でもバラ販売のような衣の品質を実現したコロッケ等を投入した。
     味の素冷凍食品は提案をスイーツに絞り、デリバリーに向けた「イタリアンプリン」を販売。C&C、ECを見据えた取組を進める。コロナ禍で伸長する惣菜テイクアウト、C&Cといった業態に向けての提案は他社でも積極化。日清フーズはテイクアウト、デリバリーにも適した少量、経時耐性のあるIQFショートパスタ4品を提案した。
     「経時耐性」に特化した商品としてはヤヨイサンフーズが「焼かずにできる!焼き餃子26/19」を投入。シマダヤは、茹で伸びしにくいラーメンを提案した。
     内食化が進む中で、家庭でも使い勝手にこだわったのがマルハニチロ。「いかリング唐揚げ」や「いか磯部天ぷら」は小容量定番アイテムをC&Cやドラッグストア向けにも提案した。
     日本水産は、技術力を活かした次世代メニューとして大豆ミート使用商品「白身魚と大豆ミートのハンバーグ50・80」等を投入。キユーピーも同社初のプラントベース商品「HOBOTAMA」を発売している。
     テーブルマークは、家でも楽しむ「プレッツェルバンズ」を投入した。(詳細を本紙に掲載)

    2021年 主要メーカー秋の業務用新商品
2021年9月第2週号 その他の記事

2021年9月第1週号

  • 冷凍で外販、中食へ 新視点販促も効果挙げる ―― 串カツ田中

    シズル感ある家庭用パッケージ
    シズル感ある家庭用パッケージ
    矢澤部長代理
    矢澤部長代理

     コロナ禍を乗り切るための外食メニューの冷凍商品化において、串カツ田中(貫啓二社長)が踏み込んだ取組をしている。同社の冷凍商品化施策は2020年4月、Oisixでの冷凍「串カツセット」の通販に始まり、現在までに量販複数社への外販や自社EC開設へと歩を進めてきた。アイテムは、協力工場で製造する外食向け串カツメニューを家庭用冷食としてリパックしている。アルコールジャンルとの「家呑みコラボ」や「フライヤーセット販売」といった、『串カツ田中だからこそ効く』販促も注目を集めている。冷食売場、冷食ECの成功例としても学ぶべきものが多い。

     同社の家庭用冷食主要アイテムは、〈串カツ田中〉ブランドの「豚串5本パックソース入り冷凍」(160g、5本入り/袋、ソース〔30g〕付)、「同チーズ串」(155g)となっている。
     外販でこれまでに導入実績がある量販店は、オオゼキ、まいばすけっと、ヨーク、アルプス、ライフ、ヤオコー、京王ストア、コープこうべ、原信ナルス、ダイエー、イオンリテール。中でもオオゼキでは、サントリーを加えた3社合同キャンペーンが好評を得て家呑み需要を獲得。第2弾、第3弾と、売場導入が続いている。
     今年に入ってからは、外販に加え中食事業を強化でECサイトを立ち上げた。家族が夕食を囲むテーブルで串カツを揚げる、驚異の「卓上フライヤーセット」(25本セット1万980円)は通販第1弾が完売。第2弾以降は象印とのコラボで対応数を増やしている。
     矢澤智好マーケティング部部長代理は、家庭用冷食参入の意図について、「業界の違う量販店様から外食応援フェアーの実施をいただいたことがきっかけとなった。初めての冷食製造でもあり、基本的に店舗の串と同じ想定で販売していただいたため、冷凍食品としては高い価格帯になったと思う」としている。
     『ビールと冷食』という形での販促は、サントリーのノウハウを生かしたとのこと。「まいばすけっと様との初回販売が、苦戦した。家庭用冷食で透明の無地袋はなかなか難しかった。数量的にかなり買い取っていただいたため何としても販売したく、残量について3社でコラボキャンペーンを組み、それが好評価を得た。当社の商品券が当たるという形での販売として好評いただいた」と振り返る。
     現在は、シズル感を出したパッケージに切り替えている。「やはり串カツを食べる時はアルコールがメイン。アルコールコラボキャンペーンは効果が上がる。そこを打ち出すと効果を発揮することができる」としている。
     今後については、コロナ禍が長引いていることもあり当面は外販・ECでの取組を継続する意向だ。(詳細を本紙に掲載)

2021年9月第1週号 その他の記事

2021年8月第4週号

  • 新商品137品、改訂84品に ―― 21年秋冬家庭用・冷食新商品

     2021年秋の家庭用冷凍食品新商品は本紙調べで24社から137品、リニューアル84品が投入された。新商品数は昨年の99品から38品の増加、ただし2019年の153品には届いていない。リニューアルは昨年の72品からやや増加した。各社力を入れるのはコロナ禍で高まる内食需要への対応。ボリューム・品質にこだわった食卓向け商品をはじめ、手作り需要対応、テレワークに最適な丼もの、家飲み用おつまみ、小腹満たしのスナック等の提案が目立った。また健康を意識した商品がさらに充実。特に人も地球も健康にするという観点から代替肉商品は計9品がこの秋投入されており、SDGsへの関心の高まりも取り組みを加速させた。

    食卓品充実

     得意分野でさらに食卓への進出を進めるのがニチレイフーズだ。チキンカテゴリーには美味しさとボリュームにこだわった健康志向の唐揚げ「むねから」を投入。米飯カテゴリーでは「牛すき焼めし」を復活させた。
     唐揚げには今秋、マルハニチロが本格参入。「極旨!ももから揚げ」を〈新中華街〉シリーズより投入した。味の素冷凍食品もハンバーグで食卓への提案を強化。〈ザ★〉シリーズ初となる「ザ★ハンバーグ」を投入している。ケイエス冷凍食品も「国産肉 肉だんご」「エビのチリソース」などボリューム感、本格感ある商品の投入を進めた。

    代替肉関連 商品は9品

     唐揚げ、ハンバーグ、麺、スナック、丼の具、米飯類の各アイテムで展開が進んだのが大豆ミートをはじめ代替肉を使用した商品。健康面の利点とともにSDGsを意識した商品づくりに利用しやすい点等もあり各社が取り組んだ。

    健康価値 提案多様に

     明治やシマダヤは健康価値へのアプローチを継続。明治は〈まるごと野菜ごはん〉シリーズや〈TANPACT〉でグループ力を生かした展開を、シマダヤは〈健美麺〉ブランドで糖質カット商品の展開を進めた。味の素冷凍食品も減塩商材、食物アレルギー対応といった観点から米飯、ギョーザを投入している。
     家庭内での調理時間の拡大へ対応した商品としてはニップンがアレンジ自在な「オーマイ 生パスタシート」を投入する他、ハインツ日本は卵を加えるひと手間調理〈おはようカップ〉に新商品を追加した。
     自粛傾向の中、外食になかなか足を運べない層に向けては有名チェーンの冠が付いた商品の提案が進む。日本水産は「松屋監修牛めしおにぎり」を、トロナジャパンは〈すき家どんぶりの具〉シリーズに個食タイプを投入した。
     家庭用新規参入としては敷島製パンが冷凍パンで参入。またニチノウが冷凍野菜・フルーツの展開を進める。
     カテゴリーごとのアイテム数(※改訂含む、本紙独自基準)は食卓惣菜74品、麺類43品(うちパスタ18品)、弁当41品、洋風スナック31品、米飯29品、和風スナック9品、野菜・果実4品などとなっている。(詳細を本紙に掲載)

    2021年の秋主要メーカー家庭用新商品
    2021年の秋主要メーカー家庭用新商品
2021年8月第4週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階