業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2022年8月第2週号

  • 松屋銀座が本気の冷食 ―― 冷食売場を新規開設

    銀座の名店が集合(左からピエスモンテ下村氏、銀座吉澤吉澤氏、銀座みかわや渡仲氏、銀座日東コーナー1948竹田氏)
    銀座の名店が集合(左からピエスモンテ下村氏、銀座吉澤吉澤氏、銀座みかわや渡仲氏、銀座日東コーナー1948竹田氏)

     松屋は8月31日に、コロナ禍で需要の高かった分野への投資やリアル店舗の存在価値を追求することを目的に松屋銀座の改装を実施、地下2階一部フロアでは松屋自社運営で常設の冷凍食品コーナーを新たに展開する。中食市場の高まりを背景に、同社オリジナルシリーズで銀座に店を構える名店を集めた「銀ぶらグルメ」をはじめ計50種のブランドを取り揃える。冷凍食品売場のコンセプトは『おいしさと笑顔の引き出し』。銀座の名店をはじめとする名だたるレストランやパティスリーと交渉を重ね、売場開設に合わせ、新たな冷凍食品の開発を依頼、他にはないハイスペックなラインナップを実現した。

     <銀ブラグルメ>では「銀座日東コーナー1948」「銀座吉澤」「銀座みかわや」「銀座ピエスモンテ」の名店4店の味をそのまま再現した。<ギンザフローズングルメ>では老舗鶏料理店「玉ひで」の親子丼の素や、宝石のように美しいパフェが人気の「パティスリィ アサコイワヤナギ」のジェラートパフェなど銀座限定や百貨店初登場の商品が並ぶ。またピザや餃子もハイクオリティな商品を展開。ミシュランガイド掲載店「PST ROPPONGI」のピザや、神戸の老舗餃子専門店「元祖ぎょうざ苑」の餃子など取り揃えた。
     その他、全国の海の幸を浜隣接の加工場などでさばき、新鮮なうちに、液体急速凍結機「凍眠」で冷凍し提供する。
     同社は今回の売場構築に当たり、冷凍食品の催事展開により実験・検証を繰り返してきた。高齢化が進む同社食品売場において冷凍食品に抵抗がない世代とされる50代以下の層を取り込んでいく。
     「オリジナル商品に既存の高級冷凍食品を加え、構成していく。ポイントとしては冷凍食品で前菜、メインディッシュ、スイーツまで全てが揃う売場をイメージしている」(今井克俊営業一部付担当課長)。
     冷食売場取扱い数は50ブランド350種類。売場面積は10坪。売上目標は2022年9月~2023年2月で5000万円を見込む。(詳細を本紙に掲載)

2022年8月第2週号 その他の記事

2022年8月第1週号

  • 業界課題へ10の提言 ―― (一社)日本給食品連合会・夏季研修会

    中込会長
    中込会長

     (一社)日本給食品連合会(中込武文会長)は7月21日、東京・御成門の東京プリンスホテルで管理者夏季研修会「劇的に変化する経営環境にどう対応するか~食品業界の課題への対応」を開き、185人が出席した。主管は九州支部。

     挨拶した中込会長は「今回は各社に持ち帰ることができる課題を提供したいと考えた。日給連会員は学校給食から身を起こした企業が多く、取扱いアイテムが多く日々目先の仕事も多いが、これだけ環境変化があると新しい世の中を見据えて布石を打たなくてはならない。成功事例を共有し、挑戦する機会としてほしい」と述べた。
     研修会の内容は、パネルディスカッション「サスティナブル経営を目指して 成功事例の共有」、および「業界への問題提起」。
     パネルディスカッションは、林元彦三給顧問をモデレーターとして、橘丈太郎松宮社長、富永哲生ハウディ社長、青木基博名給社長、本多昭亘美濃忠社長、岡村弥モリレイ社長がパネラーとして登壇。事例紹介をした。
     「業界への問題提起」では、中込会長、林氏、青木社長より①企業内の問題②仕入先に関する問題③販売先に関する問題④社会的な問題の4カテゴリーについて10の提言が示された。従業員の教育から、価格改定時期、トラックドライバー2024年問題まで幅広い観点で示された提言については、後日、会員アンケートを行い優先順位を付けて取り組んでいく。
     会場からは、長南収キユーピー相談役より「『価格改定の時期』『子供の貧困対策としての学校給食無償化』についてはその通りだと思った。値上げについては春秋の棚割りに向けて新商品を出すルールと同じように、家庭用・業務用含めて業界全体で動けば出来る可能性はありそうだと思う。他方、ヤングケアラー問題などを目にするとやはり学校給食は無償化にしていかなければいけないし、こういった不安を子供に与えてはいけない。この辺は、ぜひ一緒に動いていきたい」との意見があった。
     閉講挨拶は、酒井信吾副会長九州支部長が行った。(詳細を本紙に掲載)

2022年8月第1週号 その他の記事

2022年7月第4週号

  • 大山工場が稼働、付加価値型畜肉加工品を生産 ―― 大山春雪さぶーる

    ▼キャプション▼
    最新鋭の製造設備を導入

     エア・ウォーターグループの子会社、大山春雪さぶーるは13日、鳥取県伯耆町に「大山ハム」の新工場を竣工した。同工場は、近隣の米子工場で製造していた付加価値型の熟成ハム、熟成ベーコンなどを製造する。鉄骨造平屋建て延床面積3031㎡の工場。今年度の製造量は900tを計画しており、2024年までに増産体制を構築して年間製造量を1400tに高める。

     同工場で製造する熟成ハムの温度帯は冷凍品が全体の約69%に上る予定。今後は家庭用冷凍食品とチルド品の製造を強化して、構成比を高めていく。
     製品は、前身の大山ハム時代から取り組んできたドイツ式の製法にこだわった商品を製造する。スライサー、スモークハウス、深絞り包装機など最新鋭の製造設備を導入し、環境負荷にも配慮して汚水処理施設も整備した。
     9月中旬には敷地内に製品の直売所も設ける。

    白井社長 付加価値品の販路拡大

     竣工式に登壇した白井清司エア・ウォーター社長は「新工場は約5年前から計画し、大山が目前に広がるこの場所に建設することを決めた。コロナ禍を経て難しい投資判断ではあったが、新工場を竣工したことで、職員の士気も高めることができると考えている。当工場で製造する付加価値型商品の販路を広げ、グループの食品部門の売上を向上させたいと考えている」とした。(詳細を本紙に掲載)

2022年7月第4週号 その他の記事

2022年7月第3週号

  • PU麺に極太つけ麺 ―― ニチレイフーズ・新商品

    全粒粉使用の自家製極太麺
    全粒粉使用の自家製極太麺

     ニチレイフーズは秋の家庭用新商品として冷凍食品10品、同リニューアル品11品、常温新商品1品を9月1日から発売する。秋の家庭用の商品開発コンセプトは、“パーソナルユース”“消費満足度の高さ”“健康的価値”の訴求。〈主食〉、〈おかず〉、〈お弁当〉、〈スナック類〉に新価値を付与した商品をラインアップ。冷凍食品市場のさらなる拡大を図っていく。

     〈主食〉には、氷を利用した驚きの個食麺とした話題の「冷やし中華」に続く第2弾として、専門店品質と美味しさを提案する 「極太つけ麺」とにんにくの香りが食欲をそそる、スタミナ満点の炒飯「にんにく炒飯」を提案。
     「極太つけ麺」は電子レンジ調理。氷を使用した独自技術で、麺は冷たくスープは温かく仕上がる。レンジ調理時間を調整することで、熱盛りも可能。全粒粉を使用した自家製極太麺は、濃厚な魚介豚骨味のスープにも負けないコシのある食べ応えだ。煮豚・メンマ・ねぎの3種類の具材入り。トレイ入り1人前商品。「にんにく炒飯」は、こだわりの自家製ローストにんにくを使った、やみつきになる美味しさ。たっぷりのガーリックチップで味にアクセントを加えた。
     〈おかず〉カテゴリーには、じゅわっと肉汁溢れ出るハンバーグ「極上ハンバーグ」を上市。牛肉と豚肉を黄金比で合わせることで、ジューシーなハンバーグに。苦味・甘味・酸味をバランス良く整え、こだわりの自家製デミグラスソースが肉の旨味を引き立てる。ボイル調理だけでなく、電子レンジでの短時間調理が可能。
     さらに自家製和風あごだしで味付けしたこだわりの味と大きさで食卓に満足を提供する「若鶏竜田揚げ」が加わった。
     発売5周年を迎えた「特から」は〈じゅわ旨っ®〉製法に磨きをかけ、更にジューシーに進化。注目が高まる大豆ミートシリーズには3弾目「大豆ミートのシューマイ」が加わった。
     人気の〈今日は家飲み〉シリーズには「ピーマン肉詰め」が加わる。
     〈お弁当〉には食卓のもう1品にも使える大分の郷土料理をアレンジした「かぼす醤油の鶏むね天」ととんかつ店で人気のメニュー「紀州南高梅が香る 梅しそカツ」を発売。
     〈スナック類〉にはレンジで温めても、自然解凍で冷たいままでも。温冷2通りで食べられる冷凍スイーツ 「アップルパイ」「ベイクドチーズタルト」を発売した。(詳細を本紙に掲載)

2022年7月第3週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階