業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2019年2月第3週号

  • 静岡富士山第2工場が稼働 ―― ケンコーマヨネーズ

    新設した第2工場(写真左)
    新設した第2工場(写真左)

     ケンコーマヨネーズはこのほど原料卵から製品まで連続一貫生産の卵加工品の専用工場の静岡富士山工場第2工場(静岡県富士市)を増設、2月より稼働を開始した。同工場は、厚焼き玉子、だし巻き玉子、錦糸・オムシート、スクランブルエッグを生産。第2工場では、新たに100gの小袋サイズの厚焼き玉子・だし巻き玉子の生産を行う。増設により生産能力は現行の年間6000tから1万t近くまで拡大。アイテム数も80から100種までに拡大する見込み。第2工場稼働は特に生産効率向上により生産品目の平準化を目指す。

     静岡富士山工場は2014年4月に第1工場が稼働、〈惣菜亭〉シリーズの厚焼き玉子などチルド、冷凍品を業務用ルートで展開している。
     今回、増設した第2工場は、第1工場に隣接して建設。建築面積は3925m2、延床面積は6501m2の地上2階建て。第2工場の稼働により、第1工場と合わせて同工場の延床面積は1万4160m2
     第2工場の生産ラインは、割卵(900個/分)1ライン。厚焼き玉子2ライン、だし巻き1ライン、錦糸・オムシート1ライン。特に第2工場では100gの小袋厚焼き、だし巻玉子製品生産ラインを2ライン新投入し小容量ニーズに対応する。
     温度帯別の生産比率は、厚焼きは8割がチルド、だし巻き9割チルド、スクランブルエッグ・錦糸卵は100%冷凍食品となる。
     第2工場稼働で現行の365日24時間体制を、将来的には週休2日で1日12~14時間稼働を目指す。(詳細を本紙に掲載)

2019年2月第3週号 その他の記事

2019年2月第2週号

  • ドラッグストア躍進 ―― 冷食協・仕向先実態調査

     (一社)日本冷凍食品協会は「冷凍食品仕向先実態調査」を5年ぶりに実施、このほど結果報告書をまとめ公表した。業務用では、売上が伸びているルート、今後特に重視するルートともに「介護・福祉施設」、「医療施設」と医療、介護関連の需要拡大が見られる。一方家庭用は、売上が伸びているルートが「ドラッグストア」で、今後重視するルートも「ドラッグストア」との回答が多く、ドラッグの躍進ぶりを印象づけた。

     調査対象は冷凍食品卸売業者385社(業務用2980社、家庭用105社)、有効回答回収率は、業務用で37.1%、家庭用34.2%
     業務用冷凍食品の仕向先で売上が伸びているルートは、「介護・福祉施設」と回答した企業が50.5%、「医療施設」が42.3%と医療・介護関連の回答が多い。次いで「ホテル・結婚式場」(20.6%)、「量販店」(16.5%)と続くが、量販店は前回より低下した。
     売上が減少しているルートは、「学校給食」(「喫茶店(独立系)」、「ケータリング業」、「ファーストフード」の順。
     家庭用冷凍食品の仕向け先で売上が伸びているルートは、「ドラッグストア」が50.0%と最も多く、次いで「GMS・SM」(23.5%)、「ディスカウントストア」及び「生協」20.6%と続く。前回調査に比べ大きな増加となったのは「ドラッグストア」34.2ポイント増、「ディスカウントストア」及び「生協」の18.0ポイント増、「コンビニエンスストア」の14.7ポイント増。
     売上が横ばいのルートは、「GMS・SM」が38.2%と最も多く、次いで「生協」23.5%、「一般食料品店」20.6%となっている。売上が減少ルートは、「一般食料品店」が41.2%と最も多く、次いで「GMS・SM」26.5%、「百貨店」14.7%となった。(詳細を本紙に掲載)

2019年2月第2週号 その他の記事

2019年2月第1週号

  • 2年連続で100万t超え ―― 2018年輸入凍菜野菜数量

     財務省が1月30日に発表した通関統計による2018年1月~12月の冷凍野菜の総輸入数量は105万3033t(前年比104.3%)、金額は1954億4500万円(同104.3%)となった。天候不順による生鮮野菜の高騰等を背景に、ほうれん草など葉物野菜が好調に伸長し、輸入数量は2年連続で100万tを超えるとともに輸入数量、輸入金額ともに過去最高となった。

     国別輸入数量を見ると、中国からの輸入数量は、46万4000tとなり前年を7%うわまわった。タイ、台湾など主要産地も前年を上回る堅調ぶりを示している。
     さらにエクアドル、メキシコなど南米の伸長に加え、ベルギー、オランダなど欧州産の伸長も著しい。
     欧州産に関しては2月1日日欧ETPが発効された。事実上無関税となることで他産地との優位性は高まる。19年は、スペイン、イタリア、セルビア、ポーランドなど多様な産地からの輸入数量の増加が期待される。
     品目を見ると、ほうれん草(前年比14%増)、ブロッコリー(同17%増)など生鮮青物野菜の代替としての利用増が鮮明となっている。(詳細を本紙に掲載)

    2018年輸入凍菜野菜数量
2019年2月第1週号 その他の記事

2019年1月第5週号

  • 冷食で朝食提案 ―― 日本アクセス・フードコンベンション2019

    冷食でビジネスホテルのバイキングメニューを再現
    冷食でビジネスホテルのバイキングメニューを再現

     日本アクセスは23、24日の2日間、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで春季総合展示会「フードコンベンション2019」(東日本会場)を開催した。フローズンでは、今上期の提案として冷凍食品を朝食利用する仕掛けを展開する。弁当商材などを活用し、忙しい朝の食事に、レンジで簡便調理の冷凍食品を積極的に活用してもらうことが狙い。弁当商材の用途の拡大を図り、活性化にもつなげていく。

     フローズン部門で提案したのは「朝食で二刀流」。「冷凍食品で朝食のススメ」としてリーチインケースを用いて、弁当商材などの朝食への活用を訴えた。同コーナーでは、焼きおにぎり、鶏ごぼうなど和風米飯やスープパスタ、弁当用オムレツ、弁当用パスタ、カップ和惣菜、フルーツ、パンケーキ、ピザなど和洋中メニューを陳列。冷凍食品の朝食での喫食の可能性拡大を前面に打ち出した。
     玉田功フローズンMD部長は、「二刀流としたのは、弁当品をあえて朝食で食べるという意味。今回のメニューの参考にしたのはビジネスホテルの朝食バイキングメニュー。バイキングで提供されているメニューが冷凍食品で揃えることが出来ることを訴えた。また朝は時間がないので、レンジ調理など簡便性も訴求したい」と展示の狙いとした。(詳細を本紙に掲載)

2019年1月第5週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階