業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2024年2月第1週号

  • 2023年輸入凍菜 輸入金額過去最高に、3000億円を突破

     財務省が1月30日に発表した通関統計によると、2023年1月~12月の冷凍野菜の総輸入量は112万568t(前年比97.6%)、金額は3045億1200万円(同108.0%)となった。輸入数量は7年連続で110万tを上回ったが、過去最高だった前年からは一転して減少した。金額は初めて3000億円を超え過去最高を更新した。各種コストの値上がりや円安の影響などを受けて輸入金額が引き続き増えている。国別では中国産の伸長が目立つ。業務用筋などで価格訴求力の高い中国産に回帰する動きが起きた。

     1月~12月の主要品目別の総輸入量は、ポテト41万5627t(同98.1%)、えんどう豆1万873t(同101.2%)、ささげ又はいんげん2万2060t(同96.9%)、枝豆6万5937t(同100.3%)、その他の豆5407t(同87.7%)、ほうれん草5万1614t(同105.1%)、スイートコーン4万6443t(同87.8%)、ブロッコリー7万970t(同94.3%)、ごぼう8082t(同99.9%)、混合野菜2万2586t(同96.1%)、かんしょ8035t(同93.9%)、さといも2万7480t(同84.2%)、その他の冷凍野菜36万5387t(同99.0%)だった。複数の産地から輸入している品目で、中国産の伸びが目立つ。
     12月単月の輸入量は9万9033t(同94.7%)、金額は275億8700万円(同100.8%)だった。
     主要品目別輸入量は、ポテト3万872t(同84.8%)、えんどう豆889t(同98.0%)、ささげ又はいんげん2023t(同97.2%)、枝豆4722t(同102.1%)、その他の豆316t(同67.5%)、ほうれん草5836t(同111.0%)、スイートコーン3542t(同101.3%)、ブロッコリー7982t(同95.7%)、ごぼう793t(同97.4%)、混合野菜2359t(同119.0%)、かんしょ726t(同98.1%)、さといも3000t(同82.4%)、その他の冷凍野菜3万6870t(同100.2%)だった。
     国別の輸入量は、中国産5万8272t(同104.0%)、アメリカ1万9394t(同81.3%)だった。

    ▼キャプション▼
2024年2月第1週号 その他の記事

2024年1月第4週号

  • 価格・品質両軸で商品強化 ―― CGCアソシエイツ会

    ▼キャプション▼
    堀内社長が2024年度の取組を説明
    ▼キャプション▼
    堀内代表

     CGCジャパンは17日、東京・虎ノ門のホテルオークラ東京で「CGCアソシエイツ会」を開き、356社666人が参加した。同会では、堀内容助社長が2024年度の事業方針について説明し、「地域と未来を笑顔に」をテーマに、①商品力強化②組織改革③販売サポートの充実などに取り組む方針を示している。冷食関連ではブロッコリーの大袋などが大幅に伸長しており、引き続き強化を図る方針を表明。仕入れについては、各地区の会員が連携してイベント向け商品などを仕入れる代表バイヤーの選定を進める考えを明らかにした。

     24年度の重点施策のうち、「商品力の強化」において、冷食関連では、会員から強い引き合いがある〈ショッパーズプライス〉シリーズや、店舗の差別化に繋がる輸入品を強化する。冷凍ポテトやスイーツなどの新商品を投入し、全体の商品数を増やす。菅原泰広報室室長は「冷食は全カテゴリーの中でも動きが良く、23年度の実績は2桁増で推移した。特に、ブロッコリーの大袋が7割伸長し、レギュラー品も伸びている。引き続き強化していきたい」としている。
     商品全体では、「価格訴求型」と「品質訴求型」を両軸で強化する。「価格訴求型」の2ブランドは特長を再定義し、商品を強化する。〈ショッパーズプライス〉をメガチェーンと同等以上の品位で価格対抗するPBに、〈断然お得〉を対抗を上回る品質でユニット単価に優れた大量目商品を品揃えるPBに位置付ける。「品質訴求型」は、環境、安全安心、おいしさ、健康、料理応援─の五つの目線を取り入れた商品を強化する。輸入品の品揃えも拡充する。縦型商品を増やして会員企業の売場効率を上げる。包材の削減や賞味期限延長を進めるなど、環境配慮の取組も進める。
     ②組織改革では、各地区や支社単位でのまとまりを強化。23年度から、カテゴリー毎に地区の代表バイヤーを選定して仕入れの規模感を生み、調達コストを引き下げる試みにも着手した。千葉、神奈川などで共配センターを利用する会員などが連携し、企画商品の仕入れでシナジーを生む。
     ③販売サポートでは、縦置き陳列を訴求しながら、会員企業の販売効率を引き上げる。CGCが発行している無料情報誌「ふれ愛交差点」によるメニュー提案を活用した単品集中販売の販促も進める。既にこの販促では、フレスタ(広島県)の船入店で集中販売した冷凍ブロッコリーの売上が冷凍食品部門で1位になるなど、一定の成果が上がっている。
     なお、アソシエイツ会に登壇した堀内淳弘代表は、「CGCジャパンは昨年、設立から50周年を迎えた。業界を変えることに取り組んできたが、まだまだ道半ばな課題も多い。新しい50年に向けて、スカスカ商品の撲滅や賞味期限の延長などに、会員と共に取り組んでいく」と挨拶した。同会では、岩崎裕文CGCジャパン会長、京谷裕CGCアソシエイツ会会長も登壇して挨拶した。

2024年1月第4週号 その他の記事

2024年1月第3週号

  • 新定番にWキムチ炒飯、プレートに2品追加 ―― ニチレイフーズ・家庭用

    ▼キャプション▼
    シャキシャキ感と旨味広がる

     ニチレイフーズは春季家庭用冷凍食品の新商品12品リニューアル商品17品を3月1日から全国発売する。生活者のニーズやトレンドを捉え、「パーソナルユース」「マルチユース」「健康観」「バリューバランス」をコンセプトに、新たな価値を提供することで、冷凍食品市場のさらなる拡大に尽力。炒飯の新定番として「W(ダブル)キムチ炒飯」を提案する他、おかずには有名店監修ハンバーグ商品を新たに投入。トレンドのワンプレートメニューもラインアップの充実を図った。

     米飯類には「炒めキムチ」と「追いキムチ」ダブルの演出で、シャキシャキ食感と旨味広がる炒飯の新定番「W(ダブル)キムチ炒飯」を投入(2月1日発売)、Wキムチと4種の醤の濃厚な旨味が食欲をそそる逸品。
     夏向け「冷やし中華」は具材を煮豚、オクラ、蒸し鶏、錦糸卵、紅しょうがにリニューアルして再登場。
     おかずカテゴリーには、アンガス牛と豚肉を合わせ、ジューシーに仕上げ、茂出木シェフ監修の濃厚デミグラスソースが決め手のハンバーグ「三代目たいめいけん監修ハンバーグ」を発売した。おかず、おつまみ、お弁当などマルチに活躍できる商品としては「梅しそさっぱりささみ焼き」「お肉たっぷりなすはさみ揚げ」、魚メニューでは「白身魚のすり身フライ」が加わった。
     人気のワンプレート商品「三ツ星」シリーズには、自家製生パスタを使用したカルボナーラとグリルチキンがセットになった便利なプレートメニュー「三ツ星プレート グリルチキントマトソース&カルボナーラ」と洋食屋さんで定番の組み合わせ、オムライスとベーコンたっぷりグラタンがセットになった便利なプレートメニュー「同 厚切りベーコンのグラタン&オムライス」の2品を投入する。
     スナック類には大人気のクリームチーズフレーバー「今川焼(クリームチーズ プレミアム)」が過去最高品質で再登場。健康意識の高い朝食シーンに向けて、調理の手軽さ・食べやすさ・栄養バランスを兼ね備えた商品「朝にGood!パンケーキ(メープルクリーム)」も提案していく。
     冷凍野菜・素材類には野菜とたん白質が手軽に摂れる健康コンセプト商品「ささみミックスビーンズ」と冷凍果実「アンデス育ちのブルーベリー」を上市する。
     さらに人気シリーズ“お弁当にGood”シリーズ5品「ミニハンバーグ」「からあげチキン」「パリパリの春巻」「衣がサクサク牛肉コロッケ」「ささみチーズフライ」がブランド名を“小さな便利おかず”に一新。幅広い用途、生活者に向けて再発信する。

2024年1月第3週号 その他の記事

2024年1月第2週号

  • 能登半島地震 冷食関連企業にも被害 工場、拠点、店舗の復旧作業続く 一部配送、生産体制に影響も

     1月1日に石川県能登地方を震源地として最大深度7を記録した能登半島地震は、冷凍食品関連企業にも被害を及ぼした。発生からおよそ1週間が過ぎた9日時点でも、北陸などで一部の量販店が店舗の再開に至っておらず、メーカー・卸も物流拠点や製造工場が被災して復旧に向けて懸命な作業を行っている。奥能登エリアでは物流の乱れで一部商品の遅配や欠品なども発生したようだ。被災地に拠点、工場、店舗を有する関連企業の現況と今後の見通しなどについて話を聞いた(関連記事4面)。

    ●卸・メーカー、工場などが被災、物流に乱れも

     卸・メーカーは、被災地に工場、拠点を有する企業が震災の影響を受けた。  カナカン(石川県)では、七尾支店の常温センターが被災し、9日時点で復旧に当たっている。商品については金沢などからの供給でバックアップできているという。商品の配送については奥能登などの交通網が断裂した影響で2日~3日に影響が出たものの、取引先からの受注分の配送は復旧した。人的被害はなかった。なお、例年2月に開催している展示会については、石川県産業展示館4号館(金沢市)が現在支援物資の集積所となっているため、開催は未定。
     昭和冷凍食品(新潟県)は本社工場の設備で水道管の破裂、水漏れなどが発生した。5日までに復旧が完了しており、製造ラインも正常に稼働している。人的被害は発生していない。神田俊哲営業部長は、「人的被害がなかったことは不幸中の幸いだった。本社工場は震災によって配管にズレが生じ、漏水などの被害が発生したものの、本社社員なども動員して復旧作業に当たり、5日の仕事初めには予定通り製造をスタートできた」としている。
     羽二重豆腐(石川県金沢市)は、本社工場(金沢市)及び北陸3県(石川県、富山県、福井県)の協力工場については一部の被災した協力工場を除き、従業員及び設備等に大きな被害はなく、5日より稼働を開始している。なお石川県珠洲市の協力工場が被災し、現時点で復旧の見通しが立たないため、同工場製造商品(「花型おとうふしんじょ1㎏×10」「蟹信田巻きカット750g(50)×10」)は、現在庫製品を持ち、いったん休売する。物流については同社全国在庫拠点は通常通り運行。北陸エリアも能登地区を除き、通常通り運行しているが、各地域の今後の被災状況や道路状況により、遅延や配送できない地域がある可能性がある。
     日本冷凍食品協会によると、9日時点の会員社、能登製菓(白馬工場、古府工場)、みやけ食品(七尾工場)、コシノ(七尾工場)、スギヨ(北陸工場)の状況についてはは石川県七尾市内にある拠点は断水等の影響で生産復旧のメドは現在のところ見通せないとしている。
     食品機械メーカーの、サン・プラント工業は、北陸工場(石川県白山市)への被害状況について、従業員の安否、生産体制に影響はないものの、工場内の天井パネルが一部剥がれたことを明らかにしている。

    ●小売、一部店舗が未だ休業

     小売では、9日時点でコンビニ業態など一部の店舗が休業しており、物流の乱れで欠品も起きている。
     イオンリテールでは、1日に、商品の棚落ちなどがあり一部店舗の運営を見合わせたものの、2日にGMS、SM共にすべての店舗が運営を再開した。9日時点で商品供給も滞っていない。人的被害はなかった。
     アクシアルリテイリング(新潟県)では、原信南万代店など一部の店舗の運営を一時停止した。2日には、安全確認を行っていた原信吉田店、同新通り店、同柏崎東店などを含めたすべての店舗が営業を再開している。
     セブン&アイ・ホールディングスのうち、イトーヨーカドーの店舗に被害はなかった。セブン&イレブンは、1日20時時点で最大150店舗が被災し、6日午前中に全店舗が運営を再開している。奥能登エリアの店舗はなく、商品供給も平常通りに回復している。人的被害はなかった。
     ファミリーマートは、5日8時時点で石川県内の16店舗が店舗の運営を停止している。商品の供給は、奥能登エリアを中心に一部商品の欠品や配送の遅延が発生している。人的被害はなかった。
     ローソンは、1日の時点で石川県、富山県、福井県などの80店舗が休業した。9日時点では78店舗が運営を再開しており、石川県内の残り2店舗についても早期の開店を目指して復旧作業に当たっている。商品の配送は5日時点で大きな問題は発生していない。人的被害はなかった。

    ●主要業務用卸、大きな被害は無し

     被災地域の業界団体会員卸については、大きな影響は無いが、9日時点で得意先と連絡が取れない状況などは発生している。
     全日本外食流通サービス協会の信越・北陸エリア会員は、石川県金沢市の㈱マルシンで棚から商品が落ちる、倉庫の荷物が崩れる等の被害があったが、現在は通常通りの営業を再開。
     塩田食品㈱、㈱カンダは建物・人的被害は無し。
     (公社)学校給食物資開発流通研究協会会員の富給(富山)、タカノ食品(新潟)、浅地産業(石川)ともに建物・人的被害は無し。得意先については一部で連絡不通になっている所がある。また、学校給食に関しては一部で3学期の始業日が延期・未定となっており、開始未定。
     日本給食品連合会会員は、建物・人的被害無し。
     全給協会員は、建物・人的被害は無かった。

2024年1月第2週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階