業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2019年1月第3週号

  • 主力強化と需要創造両軸に ―― ニチレイフーズ・家庭用新商品

    カラッと美味しく刷新した特から
    カラッと美味しく刷新
    骨付き肉ならではの旨味が味わえる手羽から
    骨付き肉ならではの旨み

     ニチレイフーズは、春の家庭用新商品10品、リニューアル品18品を3月1日から発売する。今春も「日本の食卓に、冷凍食品のできること」のスローガンのもと、「力強いカテゴリーの推進」と「新規需要創造への挑戦」を両輪に冷凍食品マーケットの拡大を図る。

     春の新商品の提案のコンセプトは(1)カテゴリーを牽引するNo.1商品の磨き上げ(2)米飯類の新提案(3)大人満足「お弁当にGood!」の拡充(4)食卓向け・おつまみ・お弁当・おやつなどマルチな食シーン向け商品の充実(5)北海道産冷凍野菜の投入の5点。No.1商品に育った「特から」は、揚げる際の余熱を活用し肉にじっくりを火を通す〈新製法・三度揚げ〉で吸油率が20%ダウン。カラッと美味しく刷新。単品売上高100億円に成長した「本炒め炒飯」は鍋肌しょうゆの香ばしさを演出しさらにおいしくなった。
     米飯類では、もち麦と彩りの良い6種の野菜が入った女性目線の新商品『厚切りベーコンと彩り野菜のピラフ』を新提案。さらにオムライスベースとして利用機会の拡大を図る『チキンライス』をリニューアルした。「具材たっぷり五目炒飯」は具材(卵、にんじん、しいたけ)を10%増量した。
     〈お弁当にGood!〉シリーズには「しょうが香る!豚のから揚げ」「採れたてコーンぎっしりフライ」の2品を上市。食卓のマルチな食シーンへ向けて、骨付き肉ならではの旨味が味わえる手羽中の唐揚「手羽から」を投入。さらに手間のかかる「なすひき肉はさみ揚げ」「鶏むね肉の磯辺揚げ」を食卓向けに提案。スナック商材には「今川焼(濃厚クリームチーズ)」をラインナップ。
     国産冷凍野菜は、北海道産の素材の冷凍野菜「レンジでおいしい!北海道産フライドポテト」「北海道産ミックスベジタブル」「北海道産スイートコーン」の3品を投入する。

    ■米飯5品10%値上げ

     同社は、市販用米飯「本格炒め炒飯」「具材たっぷり五目炒飯」「チキンライス」「えびピラフ」「サイコロステーキピラフ」の5品を3月1日から10%値上げする。

2019年1月第3週号 その他の記事

2019年1月第2週号

  • 業務用中心に値上げ発表相次ぐ

     18年年末は冷凍食品の値上げ発表が相次いだ。中心となるのは業務用冷凍食品。メーカー各社は一様に原材料費、人件費、物流費、エネルギー費の高騰がもはや各社のコスト削減や効率化といった取組みだけでは補いきれない状況を訴えた。改定時期は3月1日、4月1日を予定しており、既に取引先への案内は始まっているが、19年はこれら値上げに至る諸要因の説明とともに、再度、冷凍食品の価値をしっかりとユーザーそして消費者に認識してもらう1年としていかなければならない。

     既に値上げを発表していた味の素冷凍食品、ニチレイフーズ、シマダヤ、東洋水産に続き、業務用冷凍食品で値上げを発表したのは日本水産、マルハニチロ、テーブルマーク、ヤヨイサンフーズ、昭和冷凍食品の5社。家庭用では日本製粉が米飯類やグラタン・ドリアなどの値上げを発表、12月26日現在で10社が値上げを発表している。なお、大々的な発表はしないもののここに挙げた10社以外でも業務用メーカーでは値上げの案内は進めており、個別にタイミングを計りながら既に実施されているものもある。
     家庭用に目を向けるとシマダヤ、東洋水産、日本製粉の3社が値上げを発表。その他メーカーからは厳しい状況ではあるものの、「まだそのタイミングではない」との発言もあり、各社状況を見守っている。(詳細を本紙に掲載)

    価格改定一覧
    価格改定一覧
2019年1月第2週号 その他の記事

2018年12月第3週号

  • 18年生産量は微増161万t ―― (一社)日本冷凍食品協会・伊藤会長

    伊藤会長
    伊藤会長

     (一社)日本冷凍食品協会の伊藤滋会長は12日、東京・豊洲のマルハニチロ本社で冷凍食品記者クラブに対して年末会見を開いた。伊藤会長は18年の国内生産量について、「前年比100~101%、160~161万tになる」との見通しを示した。家庭用は堅調に推移したものの、業務用が自然災害の影響などにより弱含みで推移していることが要因とした。需要については、「社会構造の変化や人手不足の深刻化が冷凍食品の需要拡大の機会が増える」とした。

     伊藤会長は、今年の冷凍食品業界について、「夏以降の自然災害が設備投資と消費に大きく影響した」と述べ、「家庭用は各メーカーにより売上の差があるが、各社の強みと消費者ニーズに合う商品開発、積極的なメディア露出などで、前年を上回っている。一方、業務用は惣菜などの中食は引き続き堅調に推移しているが、外食などが天候や北海道胆振東部地震の影響によるインバウンド減などで弱い動きだ」とした。
     1―12月冷凍食品の生産量の見通しについては、「現時点は前年比100%~101%、数量では160万~161万tの微増とみている」としながら、「2016年の102.3%、29年の105.3%に比べると、伸びが落ち込んだが決して踊り場ではない。一時的なものである」と強調した。需要については、「今後も少子高齢化、女性の社会進出、単身世帯の増加など社会構造の変化や人手不足の深刻化が冷凍食品の需要拡大の機会が増える」とした。(詳細を本紙に掲載)

2018年12月第3週号 その他の記事

2018年12月第2週号

  • 安全面で連携強化 ―― 日台冷凍農産物生販懇談会

    凍菜協会員ら多数が出席
    凍菜協会員ら多数が出席
    川﨑会長
    川﨑会長
    蔡理事長
    蔡理事長

     台湾区冷凍蔬果工業同業公会は1日、台湾・高雄市の圓山大飯店で2018年日台冷凍農産物生産販売安全懇談会を開催した。日本側からは川﨑順司会長をはじめ輸入冷凍野菜品質安全協議会(凍菜協)会員等26人が、台湾側から72人が出席し、安全安心をはじめとする今後の協力関係を確認し合った。

     同会では、蔡敬虔理事長は、今秋の作付けについて「今秋の枝豆については、播種が10日程度遅れた影響で、収穫もやや遅れが出たが、今年暖冬となった影響で順調に生育している。秋の収穫は製品ベースで1万~1万2000t程度、圃場の総面積が2500haで、1ha当たりの単収が7.5t程度になると考えている」として、前年並みの収量を確保できるとの考えを示した。
     懇談会では、蔡理事長の挨拶に続いて川﨑凍菜協会長が挨拶し「輸入通関時の違反事例も、皆様のご理解とご協力により、農薬に関する違反はここ数年良い傾向にある。凍菜協では現在、無加熱摂取製品の品質管理について、今までの違反事例を取り纏め、生産工場の役に立つような資料の作成に取り組み始めた。前述のように、輸入冷凍野菜の販売は概ね順調に推移しており、その品質、使いやすさなどが改めて評価されつつある。このような時だからこそ基本に立ち返り、安全・安心を確保して更なる信頼を築いていきたい」として、安全・安心な製品の製造に日台が連携して取り組みたいと呼びかけた。
     また、同会では台湾産冷凍枝豆の販売に功績のあったマルハニチロ、日本水産、ニチレイフーズ、東洋水産、イオンリテールの5社に記念品が送られた。
     受賞社を代表して挨拶した大西宏昭マルハニチロ執行役員は、「このような賞を頂いたのも、台湾の生産者の皆様に安定的かつクオリティの高い商品を供給して頂いた結果だ。台湾の皆様に、品質管理の強化について対応していただいていることに感謝申し上げる」とした。
     続いて伊規須道太東洋水産低温食品部冷食企画課課長は、「弊社では、40年以上の取り組みを行ってきた。これまで続けてこられたのも、台湾の皆様のすばらしい生産技術と品質監理の賜物と感じている。今後もベストパートナーとして台湾の冷凍野菜業界が発展していけるように誠心誠意努力していく」として、日台の連携による輸入冷凍枝豆の更なる発展を誓った。(詳細を本紙に掲載)

2018年12月第2週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階