業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2021年1月第3週号

  • 「時産行動」に対応 ―― ニチレイフーズ・家庭用新商品

     ニチレイフーズ・家庭用新商品
    1個120g

     ニチレイフーズは春の家庭用冷凍食品の新商品として14品、リニューアル品9品、常温食品の新商品1品、リニューアル品3品を3月1日(一部2月1日)から発売する。家庭用のメインテーマは「時産行動」への対応。
     新型コロナ禍でテレワークなど新生活様式が進行する中、生活者は合間の時間の利用や、同時進行、作業集約、分業、外部化などあらゆる効率化により時間を生み出す「時産行動」を求めている。21年春の新商品は時短を図るレンジ調理品など「時産行動」に対応した商品を揃えた。

     主食(米飯)カテゴリーでは、本年発売20周年を迎える「本格炒め炒飯」を新・三段炒め製法によりさらにブラッシュアップ。米飯新商品には風味の良いじゃことねぎが入った、かつおだし香る和風の焼きめし「かつおだし香るじゃこ焼きめし」と定番メニューで洋食ならではの美味しさを追求した「たいめいけんサイコロステーキピラフ」を投入した。個食需要に応えるワンハンドご飯〈まぁるいシリーズ〉には「まぁるい牛すき焼きめし」が加わった。
     おかずカテゴリーには、1個120gと食べ応えのある大きさと品質にこだわった「てり焼きステーキチキン」と「骨なしフライドチキン」の2品。から揚の新商品として「ハニーマスタードチキン」も投入。「北海道産じゃがいものコロッケ(牛肉入り)」は独自技術を活かした油調商品。また従来の肉を使ったハンバーグよりも大幅にコレステロールを軽減した大豆ミートを使った「大豆ミートのハンバーグ」も発売した。
     お弁当カテゴリーには〈お弁当にGood!〉シリーズに「チキングリル」をラインアップ。「たいめいけんデミグラスソースカツ」「ふんわり海鮮シューマイ」の2品も上市。冷凍野菜には大容量版の冷凍野菜として〈そのまま使えるシリーズ〉に「きざみオクラ ボリュームパック」が登場。また国産ポテトを使った「北海道産じゃがいものハッシュドポテト」も発売される。
     スナック類には人気フレーバーを使った「今川焼(レモン香るクリームチーズ)」。常温品には少人数向けのスープ「鶏白湯」を発売した。

2021年1月第3週号 その他の記事

2021年1月第2週号

  • 家庭用に「大海老焼売」 地域限定レンジで焼きギョーザ ―― 味の素冷凍食品

    冷凍シュウマイ市場のさらなる活性化を図る
    冷凍シュウマイ市場のさらなる活性化を図る

     味の素冷凍食品は、春の家庭用新商品1品、リニューアル品10品、地域限定新商品1品を2月14日より、また、期間限定品1品を5月16日より発売する。新商品は、同社が重点カテゴリーとする焼売に「大海老焼売」を投入、餃子にも「黒豚肉餃子」(期間限定)を投入し、高付加価値商材のラインアップ強化を図った。さらに餃子には、業務用で培ったノウハウを生かした「レンジで焼きギョーザ」を地域限定で発売する。リニューアルでは、「五目炒飯」の塩分を40%カット。生活者の健康志向に応えた。

      “専門店品質のシュウマイをご家庭で!”をコンセプトに大ぶりのエビがゴロっと入った「大海老焼売」は、ジューシーな豚肉に大ぶりのエビがゴロっと入り、海鮮のうま味がきいたコク深く上品な味わい。
     同社では、「冷凍焼売市場は前期比114%と大きく伸長。特に食卓向けの『ザ★シュウマイ』は2020年8月度以降、売上前年比2桁以上の伸長が続き、冷凍シュウマイ市場を牽引している。今回、肉主体のしっかりした味わいでご飯がガツガツすすむ『ザ★シュウマイ』とは異なる、素材と帆立だしのうま味がきいたやさしい味わいの『大海老焼売』を発売することで、冷凍シュウマイ市場のさらなる活性化を図る」としている。
     地域限定商品として投入するのは「レンジで焼きギョーザ」。電子レンジ約3分で調理可能な、焼き目が香ばしく、ジューシーで飽きのこない味わいのギョーザだ。工程・レシピを工夫することで、電子レンジで調理しても、もちもちとした皮と焼きたてのような香ばしい焼き目を実現した。
     期間限定の新商品は「黒豚肉餃子」。鹿児島県産黒豚を100%使用した中具を、もっちり厚皮で包みこんだ、大粒でひとくち噛むとあふれんばかりの肉汁を堪能できる。
     リニューアル品は10品。人気の「五目炒飯」は塩分 を40%カット。鶏だしのうま味をさらにきかせ、釜炊き製法により米の中まで味を染み込ませることで、おいしさはそのままに、塩分 40%カットを実現した。「ザ★チャーハン」も自家製焼豚を1.2倍に増量。「具だくさんエビピラフ」「具だくさん高菜炒飯」もさらにおいしくなった。
     「おにぎり丸」4品(牛すき焼き、豚の生姜焼き、ちいさな豚角煮、ポークカレー)は、肉を増量することでおかずとしての食べ応えを向上。大きさを見直し従来のマカロン型から底が平らな角柱型に変更し、さらに握りやすくした。

2021年1月第2週号 その他の記事

2021年1月第1週号

  • 引き続き試練の年 ―― 業務用冷凍食品

    都内で行われた業務用座談会
    都内で行われた業務用座談会

     2020年の業務用冷凍食品市場はライフスタイルの変化に加え、人手不足の加速、東京オリンピックの開催、それに伴うインバウンド需要の増加が後押しし、さらなる拡大へ向けたスタートの年となるはずだった。状況を一般させたのは新型コロナウイルスの感染拡大だ。外出自粛や時短営業が叫ばれる中で外食を中心とした各業態が深刻なダメージを負い、第3波が到来する今、先の見えない状況は続いている。21年も引き続き試練の年となるだろう。12月に本紙が実施した業務用メーカー6社を対象にした座談会(2社は別途取材)では非常に厳しかった20年を振り返ってもらうとともに、いかにその中で試行錯誤し、21年につながるヒントを見出してきたかを各社に聞いた。そこで再認識させられたのはやはり「定番品の強さ」。困難な状況だからこそ、自社の強みを最大限に発揮した定番アイテムの力が一層発揮される状況となっている。

     今回の取材では20年業務用市場におけるチャネル毎の販売状況の明暗が一層明確なものとなった。ホテル、居酒屋に代表される外食の大幅な売上減は言うまでもなく、テレワークが拡大する中での産業給食の不振、都心店を中心としたコンビニ業態における落ち込みが見られた。3月の一斉休校の有った学校給食については、一時的に大幅な落ち込みを見せたが、夏休み期間の短縮もあり回復傾向に。惣菜は健闘しているものの、やはり厳しい状況は変わらず、病院・老健向けのみが伸長している。
     例年であれば販売状況の好不調をチャネルだけで測ることは難しく、メーカーごとに差が出る所だが、今回、話を聞いていくと各社の状況がが見事に一致した。それだけに企業単独の努力には限界があり今回のコロナの市場に与える影響の大きさを感じさせる。
     コロナ禍における主な対応策に挙がったのは、やはり惣菜など比較的ダメージが少ない業態への注力やテイクアウト、デリバリー、ECといった新たな販路の開拓、そしてWebを積極的に活用した情報発信の面でのサポートだ。これら取組みは現在の状況を一変させるような劇的な効果を持つものではないが、市場の回復を待つ中で、いかにダメージを最小限に抑えるかを考え実行されている。
     もちろんコロナ禍においての気付きもあった。今回、多くのメーカーからが再認識したこととして挙がったのは、やはりこういったイレギュラーの状況下における定番品の強さ。新たなチャレンジもなかなか難しいことも背景にはもちろんあるが、安心感もあり計算できる定番品へのユーザーからの期待はますます高まった。
     市場はまだまだ戻らない。21年は厳しい状況になんとか対応しつつ、一方で収束後に広がる新しい市場に向けた準備を着々と進めていかなければならない。


2021年1月第1週号 その他の記事

2020年12月第3週号

  • 20年国内生産158-160万tに ―― (一社)日本冷凍食品協会・大櫛会長会見

    (一社)日本冷凍食品協会・大櫛会長会見

     (一社)日本冷凍食品協会の大櫛顕也会長は10日、冷凍食品記者クラブに対して年末会見をウェブ形式で行った。20年の国内生産量は、「前年並みか若干下回る。数量では158万t~160万t、伸長率は98.9~100.9%。家庭用は全般的に好調であるが、業務用は最近回復基調にあるが大幅な落ち込みがあったため、前年並みか若干下回る」との認識を示した。また、「冷凍食品はエッセンシャルな食品。コロナにより見直された。この機会をうまく使い発展につなげていきたい」とした。

     20年度冷凍食品業界については、「新型コロナの影響で、家庭用はパスタ、米飯類など簡便性の高いものが伸長、一時は需要に供給が追い付かない状況であった。現在は元の状況に戻っているが、それでも家庭用は2桁の伸長が続いている。一方、業務用は3月の学校休校にはじまり、飲食店の営業自粛、営業時間の短縮、在宅勤務の増加で需要がかなり消失し、深刻な状況である。11月頃には業務用は回復基調にあったが現在の第3波により萎んでいる。いずれにしても生活スタイルが相当変化した。冷凍食品のニーズは今後も高い状態で続いていくと思う」とした。
     2021年の展望については、「コロナが、一定の割合で収束すると仮定すると、家庭用は今年のような伸長は期待できないが、生活者が在宅勤務に慣れており一定の需要は残る。単身、二人世帯の社会構造の変化もある。業務用はコロナの収束如何であるが、ニューノーマルの生活の中で、テイクアウト、宅配は今以上に伸長する。これに対する原料調達、商品開発、生産のサプライチェーンが変わってくる。インフラ含めて変えていかなければならない。いずれにしても冷凍食品はエッセンシャルな食品だ。コロナにより見直された。この機会をうまく使い発展につなげていきたい」とした。
     2020年の国内生産については、「主要メーカーの上期の決算状況を鑑み、2020年の国内生産は前年並みか若干下回る。数量では158万t~160万t、伸長率は98.9~100.9%だ。家庭用は全般的に好調であるが、業務用は最近回復基調にあるものの、大幅な落ち込みがあったため、前年並みか若干下回る」とした。

    冷凍食品「100+1」
    周年記念式典を計画


     来年度の広報事業については、中止となった冷凍食品100周年記念事業は、冷凍食品「100+1」周年記念として北海道森町と開催の方向で協議している。また「冷凍食品の」日PRイベント、「冷食JAPAN2021」も開催を計画している。

2020年12月第3週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階