業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2021年4月第1週号

  • 20億食を突破、冷凍めん生産統計、8.5%の大幅増に

     (一社)日本冷凍めん協会は3月30日、冷凍めんの2020年1-12月生産食数調査結果を発表、20億943万食で前年比108.5%と大幅増となった。昨年の18億5223万食から大きく数字を伸ばし20億食を突破した。また業務用が落ち込む一方で、市販用が大幅に増加。業務用、市販用の比率も逆転した。業務用・市販用合わせた品群別ではうどん、中華めん、日本そば、パスタが伸長、焼きそばが数字を落としている。同調査は国内における冷凍めんを製造している企業43社を対象に行われたもの。
     業務用、市販用それぞれの生産食数は業務用が8億8349万食(前年9億7051万食)と減少、一方で市販用は11億2594万食(同8億8171万食)の大幅増で10億食を突破した。従来、業務用が上回っていた構成比も逆転。コロナ禍における外食不振、内食需要の増加が背景となったことが推測される。
     品群別では、「うどん」が12億4979万食で前年比112.9%と2桁伸長。業務用は同94,7%、市販用が127%となった。
     次いで数量の多い「中華めん」は、3億457万食で同99.9%。業務用は同85.1%、市販用は同134.8%となった。
     「日本そば」は、2億1997万食で同107.1%。業務用が同102.3%、市販用が121.8%となった。市販用、業務用ともに前年を超えた。
     「パスタ」は、1億7913万食で同103.6%。業務用が同71.8%となる一方で、市販用は124%となった。
     「焼きそば」は、4142万食で同80.9%と唯一数字を落とした。業務用は同78.9%、市販用は93.1%で業務用、市販用共に前年割れとなっている。

    2020年 冷凍めん年間生産食数
    2020年 冷凍めん年間生産食数
2021年4月第1週号 その他の記事

2021年3月第5週号

  • 大型店への提案本格化 ―― CJジャパン

    CJジャパン
    林社長
    林社長

     CJグループ(韓国)のCJ FOODS JAPANはこのほど本紙取材に応え、直近の冷凍食品の販売状況などについて説明した。同社が取り扱う〈bibigo〉ブランドの冷凍食品は、2017の発売以来、前年比2桁増の伸長率を維持している。味わいと品質の高さが消費者に受け入れられ、春雨・豆腐やキムチを中具に入れた餃子など、これまでの国内市場にない本格的な韓国メニューを味わえる付加価値型商品として引き合いが強まっている。

     〈bibigo〉の冷凍食品は、既存の大袋商品に加えて昨年9月に300~400gの少量目商品を展開したところ、相鉄ローゼン、イオン系のスーパーなど、これまで主力だったコストコ以外の量販店にも導入が広がった。売上の約6割を占める餃子類も好調に推移しており、韓国国内で培った技術をベトナムの工場に水平展開して製造している個包装の冷凍キムチもネット通販を中心に好評を博している。
     販促策の強化も売上の伸長に寄与している。昨年、ブランドの認知度向上のために東京・渋谷の商業施設「渋谷109」の「イマダキッチン」内に期間限定でオープンしたアンテナショップ「bibigoモッパンステーション」は、売上が好調に推移したことから出店期間を4月中旬まで延長する。同社では、SNSアカウントの本格稼働や有名Youtuberとのコラボレーション動画の配信などネットを活用した販促も積極的に展開しているが、最近では自社発の取組のほかに、有名Youtuberが韓国メニューなどを紹介するいわゆる「モッパン動画」内で同社の商品が紹介されることも増えた。デジタルメディアの露出増によって、消費者が同社の商品に興味を持ち、トライアル購入してリピーターに育つという好循環も生まれているという。
     林逸(イム・キョンイル)社長は同社の冷凍食品の販売概況について、「近年の日本市場では、ヤンニョムチキンやハットグなど、伝統的な韓国料理というよりは少しアレンジしたメニューが若者などから高く評価されている。また、コロナ禍で外出を自粛する消費者が増えたことで韓国の本場の味わいを国内で味わいたいという需要が高まり、量販店などでも韓国フェアが好調だ。このような環境下で、当社の冷凍食品も、家庭で手軽に本格的な韓国メニューが楽しめる商品として引き合いが強まっている」と説明。今後の方針について「日本で冷凍食品を展開してから3年が経過した。着実に売上が伸び、問い合わせも増えている。現在の売上構成比は全体の10%台だが、今年度から大型店などへの提案を本格化させて売上の拡大を図っていく」としている。
     なお、同社では現在10品強の冷凍食品を展開しており、3月には新商品「3種類のきのこ&野菜のチャプチェ」(275g)を投入してラインアップを拡充している。今後は引き続きデジタルメディアを活用した販促などを展開してブランドの認知度向上を図りながら、郊外の大型店舗等への提案も強化していく方針だ。

2021年3月第5週号 その他の記事

2021年3月第4週号

  • 冷食の地位高まった一年 ―― FOODEX JAPAN フローズンセミナー

    セミナーは満席と大盛況(11日)
    セミナーは満席と大盛況(11日)

     「FOODEX JAPAN2021」企画のパネルディスカッション「フローズンフーズがもたらす小売ビジネスの変革」が期間中の11日に幕張メッセで行われ、七尾宣靖イオンリテール執行役員食品本部長、同副委員長の小野瀬卓三菱食品㈱常務執行役員営業統括代行兼低温事業本部長が登壇した。両氏からは「コロナ禍で冷凍食品はポジショニングを高めた」「冷凍食品は可能性があるカテゴリー」や「冷凍食品の基本的な価値を高めていくこと。冷凍食品売場だけでなくもっと売場を拡げていくべきだ」などの意見が出され、冷凍食品の将来性に対する期待を表明した。

     今回のセミナーは「FOODEX JAPAN2021」の美食女子フローズン企画の一環として行われたもの。七尾氏、小野瀬氏に加え“冷凍王子”こと西川剛史氏をファシリテーターにパネルディスカッションを行った。冒頭、七尾氏は、「冷凍食品は利便性が高く市場拡大した商品であるが、コロナ禍で、美味しさが改めて認知され、この1年で冷凍食品が家庭にはなくてはならない食品として浸透したのは間違いない。一方で外食市場は苦戦しているが、業務用でも標準化やフードロスの観点からも外食産業も冷凍食品の重要性はさらに高まる。業務用冷食はプロ仕様の商品として家庭用商品に展開でき市場拡大が期待できる。いずれにしても小売、外食、内食、外食含め全ての分野で冷凍食品がポジショニングを高め、これが明確になった1年だ。冷凍食品はニューノーマルの中での市場拡大に、たくさんヒントを与えてくれる食品である」とした。
     今後の冷凍食品の可能性について七尾氏は、「冷凍食品の基本的な優位性を色々な視点で高めていくことで、できなかった夢を現実にすることかできる食品であると思う。我々の会社は(ピカールなど)冷凍食品の販売に力を入れている。社会全体を考えても冷凍食品は大事なカテゴリーの商品であり、開発技術も進化しており、可能性あるカテゴリーだ」と期待を込めた。
     小野瀬氏は「冷凍食品の基本的な価値を高めていくこと。また、ギョーザ、シュウマイなど日配品がメインで販売されていたものから冷凍食品化され付加価値を上げる。生鮮売場でも冷凍が増えている。冷凍食品売場だけなく、もっと売場が広がってくる。冷凍食品は最大の特徴は、本物の味の再現性の高さだ」とした。

    来場者は2万5千人超

     (一社)日本能率協会など4団体主催の「FOODEXJAPAN2021」は9日~12日の4日間、千葉市の幕張メッセで予定通り開催されたが、期間中の来場者数は2万5754人だったと発表した。例年FOODEXは8万人近く来場しているが、今回はコロナにより規模縮小、海外からの来場者が殆どない中であったが、目標の2万5000人は上回った。

    美食女子アワード グランプリ6品を選出、業務用も今回より実施

    グランプリ受賞メーカー
    グランプリ受賞メーカー
     「FOODEXJAPAN2021」企画で、活躍する女性をフローズンフーズで応援する「美食女子Award2021」の表彰式が11日、千葉市の幕張メッセで行われた。同アワードは、家庭用部門として5部門と今回より調理の省人化やフードロスに貢献する業務用部門1部門の計6部門でそれぞれグランプリが発表された
     アワード参加22メーカーから100品超がエントリーされ、意識・関心が高いモデル、フードコーディネーターで組織された美食女子と卸・小売など食品飲料を扱う企業のバイヤーなどが、7項目で各5点満点で評価、最高得点を獲得した商品が各部門のグランプリに選ばれるもの。
     各部門のグランプリは、「朝食に食べたい」では「五穀米が入った!赤飯おにぎり」(日本水産)、「子供に食べさせたい」では、「ミニオンズポテト220g」(ライフフーズ)、「夕食のメイン」は、「てり焼きチキンステーキ」(ニチレイフーズ)、「お酒のお供に楽しみたい」は、「日清焼そばU.F.O.濃い濃いお好み焼き」(日清食品冷凍)、「自分へのご褒美に選びたい」は「ミニカップDecorations抹茶チョコレートクッキー」(ハーゲンダッツジャパン)、「業務用部門」は「たまねぎ5㎜ダイスカットオニオンズ」(ノースイ)となった。
     グランプリの商品は、イオン幕張新都心店で特設展示される。
    【グランプリ以外の各部門の金賞、銀賞は以下の通り】[朝食]金賞「国産小麦100%ホットケーキ」(ニップン)、銀賞「おはようカップスペイン風オムレツ」(ハインツ日本)▽[子供]金賞「マ・マー大盛りスパゲティミートソース」(日清フーズ)、銀賞「ちっちゃなチーズハットグ」(日本ハム冷凍食品)▽[夕食]金賞「大阪王将たれつき焼売」(イートアンドフーズ)銀賞「五目シュウマイ香りと旨み」(マルハニチロ)▽「お酒」金賞「ごっつ旨い大粒たこ焼」(テーブルマーク)銀賞「国産鶏鶏つくね串照焼」(ケイエス冷凍食品)▽[ご褒美]金賞「ピノあまおう苺」(森永乳業)銀賞「&“me time”チーズケーキ」(三菱食品)▽[業務用]金賞「ソイリーボール(プレーン)」(ケイエス冷凍食品)、銀賞「500gBBQプルドポーククラシック」(ハインツ日本)

2021年3月第4週号 その他の記事

2021年3月第3週号

  • 定番の品質向上進む ―― 春の業務用冷凍食品 新商品

     2021年春季業務用冷凍食品が出揃った。コロナ禍で業務用市場が大きな落ち込みを見せる中、例年に比べ、やや投入数が控えめとなった今回の新商品。強みを持つ定番アイテムにいかに大きく変化する市場ニーズに沿った商品が提案できるかが大きなテーマとなった。今春の新商品の大きな特徴として挙げられるのは簡便調理をベースに①定番品質の向上②コロナ禍におけるニーズの変化への対応③得意分野の追求④健康訴求―の4点。コロナ対応では個包装化や量販売場向けフロチル対応といった提案が進んだ。

     定番商品がより一層強みを発揮する状況にあって、ニチレイフーズが『定番品質の価値向上』を掲げ今春提案したのは「ロワ・グリエハンバーグ」。新たに〈ジューシー包み成型〉技術を採用するなどさらに品質に磨きをかけた。また、日東ベストも主力のハンバーグで肉感のある「ベストデリハンバーグ」を投入。味の素冷食は主力のケーキ類のラインアップを強化した「フリーカットケーキ」にハーフサイズ3品を投入した。
     コロナ禍で高まる内食需要に対応し、量販水産売場向けにフローズン・チルドの〈FCフライパンで簡単〉シリーズを新たに提案したのは日本水産。ヤヨイサンフーズは量販店惣菜売場をメインターゲットに昨年11月より稼働する気仙沼工場生産の〈レンジでサカナ〉シリーズを投入、フロチルでのロス低減、店頭陳列後の日持ち対応、容器ごとの簡単レンジ調理で提案する。
     惣菜売場のパック売り拡大の影響で手揚げが主流の天ぷらが不振となる中、マルハニチロはプリフライかき揚げを強化した。生産性の向上を軸に店内揚げ調理からの移行を提案する。
     テーブルマークは高まる衛生配慮の意識に対応。ベーカリー4品を個包装食べきりサイズで前期秋より順次提案している。
     得意分野の追求ではキユーピーの半熟技術がさらに進化、勝美ジャパンがメディカル給食向けにコロッケを投入する他、ケイエス冷食はUDFの揚げ出し豆腐などを発売している。

    2021年春の主要メーカー業務用新商品
    2021年春の主要メーカー業務用新商品
2021年3月第3週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階