業務用冷食・秋の新商品 コンセプトより明確に、時短・簡便に注力

更新情報・今週のヘッドライン

2019年12月第1週号

  • 冷食も積極的に展開 ―― 日本の食品輸出EXPO

    「ジャパニーズスナック」テーマに(テーブルマーク)
    「ジャパニーズスナック」テーマに(テーブルマーク)

     第3回“日本の食品”輸出EXPO(リードエグジビジョンジャパン)が11月27日~29日まで、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。同展示会は、日本貿易振興機構(ジェトロ)と共催、農林水産省協力のもと、日本食品を輸出することを目的とした展示会。80カ国の海外バイヤー4000人を含む1万8000人が来場した。出展社は700社、冷凍食品関係メーカーではテーブルマークやヤヨイサンフーズ、日清フーズや日本製粉など約40社が出展。食品における日本の技術力を世界に幅広く紹介した。

     冷凍食品関係の展示では今後の海外展開に向けて各社、家庭用、業務用ともに意欲的な提案を行った。
     同展示会に初回から参加しているテーブルマークは今回、主力のうどんとともに、『ジャパニーズスナック』をテーマにお好み焼き、たこ焼きを紹介。市販用、業務用商品併せて展示した。
     スナック類では昭和冷凍食品もたこ焼きや自然解凍のプチケーキ、パンケーキなどを紹介した。
     初出展となるヤヨイサンフーズはグラドリ商品に加え、植物由来の食材で仕立てた<イートベジ>や、施設・病院向け<ソフリ>など同社ならではの商品を提案。来場者の関心を集めた。
     シュガーレディは既に先行して展開を進めている香港における実績をもとに、海外向けにパンフレット作製し、計230品を提案。うち冷凍食品は180品を揃え、水産品を中心としたラインアップを展示した。
     日本製粉は小麦粉をはじめ、プレミックスやパスタ類、冷凍食品と幅広くニーズに合った多くの商品を展示しながら、来場者に同社事業内容を説明。日清製粉グループは冷凍食品は今回紹介していなかったものの新たに展開を開始した海外向けブランド「Welna(ウエルナ)」をはじめとした数々の製品ラインアップを紹介した。
     イートアンドは外食店舗の海外展開を紹介する他、別ブースで冷凍食品を紹介。ギョーザの試食を交えて商品の魅力をPRした。
     ゼンショーグループも今後の海外展開を見据えトロナジャパンより販売している惣菜類や「すき家丼の具」、ココスのカレーなど家庭用業務用、両面に渡って同社商品をPRした。
     八千代商事は主力のかきフライに加え、新商品の「青森県むつ湾ほたてを使った帆立フライ」など、国産原料を使用し、海外で加工した商品を提案した。

2019年12月第1週号 その他の記事

2019年11月第4週号

  • 冷食は堅調に推移 ―― 2020年3月期第2四半期

     冷凍食品メーカー各社の2020年3月期第2四半期決算が出揃った。売上上位5社の冷凍食品販売状況を見ると、売上・利益ともに概ね前年を上回る結果となった。家庭用・業務用別の状況では、家庭用で主力カテゴリーが売上を牽引。特に米飯類についてはニチレイ、味の素、日本水産が貢献カテゴリーとして挙げるなどその好調さが目立っている。業務用商品についても各社得意分野の商品が伸張するとともに、一部で春の価格改定効果が見られた。

     ニチレイの加工食品は、売上高3・6%増、営業利益31・1%増と大幅な増益となった。味の素冷凍食品は冷凍食品を含む日本食品が売上高0・4%減、事業利益18・7%増で売上は微減となったものの、利益は2桁増。マルハニチロは加工食品事業セグメントが売上高0・4%増、営業利益6・9%増と増収増益となっている。日本水産の食品売上高も4・4%増となった。12月期決算の日本たばこ産業ではテーブルマークが所属する加工食品事業は売上収益2・1%増、調整後営業利益は40・0%増となったが、収益のうち冷凍・常温の売上は一部商品の戦略的縮小により20億円の減収となった。
     家庭用の売上高を見ていくと、ニチレイは5・2%増。中でも米飯が8・1%増、チキンが5・6%増と主力カテゴリーが好調に推移した。味の素も家庭用は「ギョーザ」シリーズや米飯といった主力商品が好調を継続し増収。日本水産もおにぎりなどの米飯類が好調で3・7%増で前年を上回った。マルハニチロの家庭用冷凍食品ユニットは5億円減で主力の弁当カテゴリーの販売が減少し、それに伴う生産減により工場稼働率も落ち込んだ。テーブルマークでは冷凍うどん、お好み焼き等の販売は伸長した。
     業務用の売上高を見ていくと、ニチレイの業務用調理品は2・2%増。主力のチキン加工品や和惣菜など調理野菜の販売が伸長。味の素の業務用はデザート、餃子等の主力カテゴリーの販売が拡大するも、一部商品が前年の販促影響を受けて減収となり前年並みで着地した。マルハニチロの業務用ユニットは介護食、CVS、生協向け等の販売が堅調に推移したことにより19億円増に。日本水産の業務用調理冷凍食品は春巻、焼売などの中華類が好調かつ価格改定もあり10・0%増となっている。

2019年11月第4週号 その他の記事

2019年11月第3週号

  • 関東第2工場が竣工 ―― イートアンド

    敷地面積2万334.74㎡の関東第2工場(写真奥)
    敷地面積2万334.74㎡の関東第2工場(写真奥)

     イートアンドは13日、主力商品である「羽根つき餃子」「ぷるもち水餃子」等の需要増加に対応するため関東第2工場(群馬県邑楽郡板倉町)を竣工した。本格稼働は12月を計画する。第2工場は、同社家庭用冷凍食品の主力商材の「大阪王将羽根つき餃子」「ぷるもち水餃子」などを生産する。既存の関東工場でも導入していた検品カメラなどに加え、今後は新たに原料投入ロボなどロボット化やAIの投資も検討しており、省人化、省力化を進めていくことで既存工場以上の生産性を追求していく。

     竣工した第2工場は敷地面積2万334・74㎡。総投資額約35億円(土地・建物・設備)。生産能力は約740mt/月(操業時点の生産能力)。生産品目は、家庭用冷凍食品の主力商品である「羽根つき餃子」「ぷるもち水餃子」などを生産する。
     第2工場では、AIやロボットを積極的に活用した省人化を推進するとともに、既存工場以上の生産性を追求した。
     AIでは既存の関東工場(関東第1工場)でも導入されているタレなどの検品カメラを導入。今後は、原料投入ロボ、箱詰ロボなどのロボット化などを検討している。
     第2工場は全3ライン敷設可能だが、今回は2ライン(焼き餃子1ライン、水餃子1ライン)でスタートする(詳細を本紙に掲載)。

2019年11月第3週号 その他の記事

2019年11月第2週号

  • 加食・ロジ好調で増収増益 ―― ニチレイ・第2四半期

     ニチレイは5日、2020年3月期 第2四半期業績を発表した。連結売上高2918億4700万円(前年同期比1・0%増)、営業利益149億8800万円(同8・7%増)、経常利益153億9000万円(同9・6%増)、当期純利益95億200万円(同0・9%増)で増収増益となった。2020年連結予想は、売上高5880億円(同1・4%増)、営業利益305億円(同3・4%増)、経常利益305億円(同2・1%増)、当期純利益200億円(同0・3%増)を見込む。

     新工場では、製造ラインに投入する前の、選別、皮むきなどの作業を行わず、処理済みの原料を旧工場から運び込むことで、食品残渣を出さず、異物も混入しにくい、安全・安心な食品の製造を実現している。また、カラーソター、パレタイザーなど最新の設備を導入して省人化を進め、旧工場から比べて製造に要する人員を大幅に削減している。
     なお、新工場の稼働によって、同社の冷凍食品の製造量は2000~3000t程度増加する。同社ではそれに伴って、売上高も現在の約17億円から24円億程度まで伸長できるとみている(詳細を本紙に掲載)。

     セグメント別では、加工食品が売上高1185億2800万円(同3・6%増)、営業利益84億6600万円(同31・1%増)。低温物流が売上高1026億9000万円(同2・7%増)、営業利益56億5000万円(同2・6%増)。水産が売上高329億6000万円(同6・2%減)、営業利益4900万円(同61・2%減)。畜産が売上高432億9500万円(同3・2%減)、営業利益4億5500万円(同35・4%減)となった。
     その内加工食品のカテゴリー別売上高は、家庭用310億9000万円(同5・2%増)、業務用調理品501億7300万円(同2・2%増)、農産加工品102億6800万円(同0・4%増)、海外177億1800万円(同10・7%増)、その他92億7700万円(同2・6%減)となった。
     家庭用主力カテゴリーの進捗率は、米飯が前期比8・1%増(金額ベース)、その内「本格炒め炒飯」は同10%増(数量ベース)。チキン同5・6%増(金額ベース)、その内「特から」同15%増(数量ベース)となった。
     家庭用冷凍食品はテレビCMなどの販売促進活動や製法の改善などの商品リニューアル効果もあり、「本格炒め炒飯」や「特から」といった主力商品が引き続き好調に推移。また、今春発売した「手羽から」「なすひき肉はさみ揚げ」なども売上増に寄与した。
     業務用調理食品は外食、中食向けに調理現場の労働力不足に対応し簡便調理で提供できる商品など業態別ニーズに合わせた商品開発に注力、主力のチキン加工品や和惣菜など調理野菜の販売が伸長。
     農産加工品は加工方法や品種選定などによる差別化商品の開発を進めたことにより、枝豆類やブロッコリー類の取り扱いが伸長。
     海外は米国の子会社イノバジアンクイジン社において、積極的な販売促進活動を行った家庭用商品に加え、中食向け業務用商品の拡販が寄与した。

    GFPTニチレイ 7ライン体制に

     ニチレイは、タイのGFPTニチレイの第2工場(2ライン)の建設に着手、2020年10月に稼働を予定している。第2工場の設立により、同工場は現況の第1工場5ラインと合わせ7ライン体制となる。大櫛顕也社長は、同工場の建設に関して「第2工場は日本向け商品と一部副産物を加工する設備を設けるなど様々な商品に対応できる設備を考えている」としている。

    大櫛社長 「増税の影響はほとんど出ていない」

     ニチレイの大櫛顕也社長は、第2四半期決算発表の席上、増税の影響に関して「市況では5%程度の駆け込み需要があったといわれているが、実感はない。商品の動きに関しては、ほとんど影響は出ていない。ロジも同様だ。一方、導入後外食系はかなり厳しい状況だと聞いている。」とした。

2019年11月第2週号 その他の記事

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区四谷三栄町
7番16号
黒田ビル2階