冷凍食品新聞社 発行日(週刊・毎週月曜日)購読料1年33,600円(+税)昭和44年6月19日第三種郵便物認可

今週のヘッドライン|2017年7月第2週号

ブランドロゴ刷新・「FRESH FROZEN」へ ―― 味の素冷凍食品


清新さ溢れるデザイン

 味の素冷凍食品は7月6日からブランドロゴマークを刷新する。
 新ブランドロゴマークは、下部にブルーの深みを入れることで立体感を出した赤いフラッグに黒文字で「AJINOMOTO」のロゴが配され、その上部に「FRESH FROZEN」と白抜きで書かれている。「AJINOMOTO」の下部に「冷凍食品」と書かれた旧ロゴに比べ清新さ溢れるデザイン。
 新ロゴマークの導入の背景に関して、同社では「冷凍食品ならではの価値を『最もフレッシュな瞬間と最もおいしい瞬間を閉じ込められる優れた食品』と再定義し『フレッシュ』の価値を改めてお届けしていくという想い、決意を込めた」としている。(詳細を本紙に掲載)

秋の新商品、強み最大限に ―― ニチレイフーズ、味の素冷凍食品


照り、つやをアップ ― ニチレイフーズ

香りとコクが魅力 ― 味の素冷凍食品

 ニチレイフーズ、味の素冷凍食品がそれぞれ秋の新商品を発表した。家庭用新商品ではニチレイフーズが「焼おにぎり10個」入りを刷新、味の素冷凍食品が新商品「香炒飯」を投入するなど、自社の持つ強みを最大限に生かしながら米飯市場の一層の拡大を目指す。停滞気味のお弁当市場へも新商品を投入する。「女性向け」、「肉厚」といった2つのアプローチで弁当市場の再活性化を図る。(詳細を本紙に掲載)

フローズンビジネストピックス、2017年版を発行 ―― 読者に無料提供

 冷凍食品新聞社は7月10日、業界の2017年の上半期を総括するグラフ誌「フローズンビジネストピックス2017」を発刊いたしました。冷凍食品新聞ならびに冷凍食品新聞FAX速報販売者に配布します。
 今号では、量販店の進出が進む注目エリア滋賀県を特集、またJFの取組みを紹介しました。
 カラー「こだわりメニュー最前線」では、味の素冷食、オカフーズ、キユーピー、大冷、ニチレイフーズ、日東ベスト、日本水産、ノースイ、マルハニチロ、ヤヨイサンフーズの業務用注力メニューを紹介しております。
 このほか、凍菜の動向、野菜流通加工協の活動紹介、低温物流企業や製造機器の最新情報、冷凍食品メーカー上期概況一覧、冷凍食品工場一覧などを掲載しております。
 A4判、60頁。資料として追加購読ご希望の方は、電話03-3359-9191、または申し込みフォームまで。

会社所在地

〒160-0008
東京都新宿区三栄町24番地
黒田ビル2階